矯正治療の保定装置について

月火水木土日診療

東京駅八重洲南口または京橋駅より徒歩3分

初診相談03-5200-7117お問い合わせフォーム

症例紹介

保定について

保定についてイメージ

三橋矯正デンタルオフィスでは矯正治療後のアフターフォローを大切にしています。

治療後しばらくは歯が後戻りしやすい状態になっているため、綺麗になった今の状態をキープすることが重要になります。

矯正治療が終了したのちに、綺麗な歯並びを維持しておくための保定が必要になります。

保定の方法

保定期間中は、ワイヤー装置・もしくはクリアータイプのマウスピースを装着します。

ワイヤー固定タイプ

ワイヤー固定の保定装置(歯の裏側) 歯牙の裏側にワイヤーを張り付けることで、歯並びを維持する方法です。

確実性と患者様の取り外して使用するなどの手間が必用ないという利点があります。
欠点はワイヤーを装着している部位のフロスが十分に行えないことです。

部分的治療の場合は前歯の噛みの深い状態をコントロールできない場合があり、上の歯の裏側にワイヤーによる保定が行えない場合があります。
その場合は、付外しが可能なクリアータイプの保定装置を使用して頂きます。

クリアータイプ

クリアータイプの保定装置 付外しができますが、矯正終了後6~12ヶ月は食べる時以外の使用が必要になります。
それ以降は夜寝る時に使用して頂きます。

入れていることの違和感と、脱着の手間がかかるために患者様によっては使用が疎かになってしまうことがあるようです。

その場合歯が動いてしまし、再治療が必要になってしまう場合があります。

定期健診について

保定期間中は、定期的な健診が必要です。 通常は1ヶ月後、3ヶ月、6ヶ月後とその後半年毎行っていきます。通常は1ヶ月後、3ヶ月、6ヶ月後とその後半年毎行っていきます。

定期健診の費用は何の問題もなければ \1,000~\3,000です。

装置が外れ歯牙が動いてきてしまった場合、多少であれば取り外しの装置にて治せます。
\5,000/通院回数

また、指定の定期健診に来院されず、歯牙が大きくズレてしまった場合はブレースの装置が必要になります。

装置料 唇側 片顎部分 \50,000~
   舌側 片顎部分 \80,000~

保定も矯正治療の重要な治療です。 定期健診の連絡がありましたら、早めにご予約下さい。 また、住所が変わりましたらご一報をお願いいたします。
※表示価格は全て税抜き価格です。

ページトップへ

月~土(9:30~18:30) 日(9:30~16:30)

診療時間

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-6 KBYビル2F

百人いたら、百通りの治療法があるのが、矯正歯科。あなたにピッタリの診断を受けてみませんか?

東京駅から三橋矯正デンタルオフィスまでのアクセスマップ

目的別診療紹介

Sitemap

COPYRIGHT © Mihashi Kyosei Dental Office ALL RIGHTS RESERVED.