部分矯正症例7
ガタガタ前歯の裏側部分矯正
-28歳女性-

初診時 (矯正治療前)

前歯矯正前のビフォー写真
  • [初診時の診断と治療方針]
  • 主訴:上下前歯のデコボコが気になるので綺麗な歯並びにしたい。また、矯正装置の見た目が気になるので、目立たないものを希望。
  • 診断:重なり合いの度合が多いので、理想を言えば、全顎的な治療の方が好ましかったケースです。金銭面などのご希望により、部分治療(上下4本)の矯正となりました。
前歯矯正前のビフォー写真

歯科矯正中<前歯の部分矯正>

クリアブランケットを使っているので矯正していることに気づかれにくいです。

裏側矯正(舌側装置)を採用することで、矯正治療における見た目のデメリットを解消しました。
抜歯は行っていません。
このように、部分矯正でも大きく歯を動かすことが可能です。このケースでは10ヶ月かけて歯を動かしました。

前歯矯正前のビフォー写真

歯科矯正の終了時

前歯矯正後の写真
  • 治療の選択肢が理想的ではありませんでしたが、その中でも治療前写真と比べるとガムライン・切端ラインが整い、第一印象が大幅に改善しました。患者さまに大変満足していただけました。
ドクター

この症例についての考察

叢生量(そうせいりょう:歯の重なり)が多く、理想的な治療の選択肢ではなかったものの、部分矯正でもこれだけ前歯の見た目や噛み合わせをよくすることが可能です。
若い男性で表に装置が付くのは気恥ずかしいのか、裏側矯正を採用しました。周囲からは見えないまま治療が進み、10ヵ月でこのように仕上がりました。

ドクター

この症例にかかった期間と費用

期間 10ヶ月

料金 装置料 ¥650,000- (上下 舌側装置)

処置料 ¥5,000- / 毎治療時

部分矯正に関する内容をもっと詳しく見る

医院に電話をかける

当院での歯科矯正治療例

サイトメニュー

【矯正歯科専門クリニック】
三橋矯正デンタルオフィス
電話:03-5200-7117
最寄駅:JR東京駅徒歩3分
ページ上部に戻る