部分矯正症例8
叢生量が多い前歯の非抜歯・裏側矯正
-28歳女性-

初診時 (矯正治療前)

前歯矯正前のビフォー写真
  • [初診時の診断と治療方針]
  • 主訴:前歯を治したい。他院で抜歯といわれたが、できれば抜歯せずに治療したい。
  • 診断:前歯が翼のように捻じれ(ウィンギング)、下の歯とクロスしていました。
    叢生量(歯が重なり合っている度合)が中程度で抜歯の判断も妥当ではあるものの、歯の1本1本が大きくてエナメル質も厚みがあることが予想され、ディスキングにより空隙を確保して非抜歯治療が可能と診断しました。
  • しかし、もともと奥歯にズレもあるため、前歯だけの部分矯正では正中が一致しないことは、事前に患者様にお話ししました。
前歯矯正前のビフォー写真

歯科矯正中<前歯の部分矯正>

クリアブランケットを使っているので矯正していることに気づかれにくいです。

ディスキングをおこない、矯正装置は裏側矯正のものを使用し、治療中の見た目にも配慮しました。

前歯矯正前のビフォー写真

歯科矯正の終了時

前歯矯正後の写真
  • 上下の歯並びがきれいに整いました。
    正中線(上下歯列の中央)のズレが残る点は事前承諾済みで、それでも治療前のズレよりは改善が見られました。
ドクター

この症例についての考察

叢生量(そうせいりょう:歯の重なり)が中等度にあり、奥歯にズレもあったわりには、部分矯正できれいな仕上がりになったと思います。
ディスキングは歯の隣接面(歯の左右側面)をわずかに削りますが、歯の形が整い、また矯正治療時に起こるリスク「ブラックトライアングルの出現」を抑えるメリットがあります。

ドクター

この症例にかかった期間と費用

期間 11ヶ月

料金 装置料 ¥600,000- (上下 舌側装置)

処置料 ¥8,000- / 毎治療時

部分矯正に関する内容をもっと詳しく見る

医院に電話をかける

当院での歯科矯正治療例

サイトメニュー

【矯正歯科専門クリニック】
三橋矯正デンタルオフィス
電話:03-5200-7117
最寄駅:JR東京駅徒歩3分
ページ上部に戻る