抜歯をせずに矯正した症例と、歯を抜かない矯正治療3つのテクニック

月火水木土日診療

東京駅八重洲南口または京橋駅より徒歩3分

初診相談03-5200-7117お問い合わせフォーム

歯を抜かない矯正治療

歯を抜かずに矯正したい

抜歯をせずに歯科矯正

カウンセリングの際に、抜歯をした場合・しない場合の治療後について、詳しい説明をしています。

当院で矯正した患者様のうち、抜歯をしなかった患者様の治療前後写真を紹介します。

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下前歯部分

歯を抜かない歯科矯正の症例(30代女性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下部分治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(30代女性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下部分部分

歯を抜かない歯科矯正の症例(40代男性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(30代女性)・上下全顎治療

歯を抜かない歯科矯正の症例(20代女性)・上下全顎治療

当院で歯科矯正した症例紹介

33歳女性の全顎矯正(症例2)

非抜歯

治療前
受け口(クロスバイト)のビフォー写真
治療後
受け口(クロスバイト)のアフター写真

他院から転院した全顎矯正(症例6)

非抜歯

治療前
出っ歯・デコボコ・ディープバイトのビフォー写真
治療後
出っ歯・デコボコ・ディープバイトのアフター写真
転院後の診療内容

歯を抜く=スペースの確保

確かに、矯正治療の歴史の中で、過去には「矯正治療=歯を抜く」と言った治療を行っていた時代もありました。
そして適応でない症例においても、歯を抜いてしまったことで、より状態が悪くなってしまったと言う事があったのも事実です。

抜歯・非抜歯の判断は、経験あるドクターのもと適切な診断が重要です。
なるべくなら歯を抜かずに治療できた方が、生体的にも良いのは確かです。

当院では、歯を抜かずに行う為の幾つかのテクニックを組み合わせることで、歯を抜かずに矯正治療をできる幅を広げています。

専門医だからこだわります、歯を抜きたくない患者さまのために

歯を抜かずに、スペースを作りだす3つの方法

  • 歯列全体を横や前に拡げる
  • 歯の側面をわずかに削る
  • 歯列全体を奥側に移動する

お口の中や顎の状態により、患者様への適用範囲が異なりますので、初診時にご相談ください。

歯を抜かないためにできること。歯列を横方向・前方向に拡げ、全体のスペースを確保

横方向もしくは前方に動かせる余地がある方の場合、奥歯部分がやや内側に傾いている歯を、まっすぐ立てることで、全体的なスペースを確保します。

ただし、横方向・前方向の余地を無視して拡大しすぎると、歯槽骨より歯牙がはみ出すことになります。その場合は将来的に歯肉の退縮や歯牙喪失(歯を失うこと)のリスクを高める結果になってしまいますので、専門医の診断が重要です。

抜かない歯イメージ図

矯正治療前後、歯の本数は同じですが綺麗な歯並びになりました。

歯を抜かないためにできること。歯牙の側面(コンタクト)を削り、スペースを確保

歯牙表層の硬い組織「エナメル質」は1~2㎜の厚みがあります。そのうちの1/3(0.3mm~0.6mm)程を削り(ディスキング)、歯牙を動かすためのスペースを作ります。
西洋人に比べ、私たち東洋人はエナメル質に厚みがあるので、ディスキングはリスクが少なく有効な方法です。

歯のエナメル層をわずかに削る事で歯の重なり合いを取ります。

Q 健康な歯を削るのって、身体に悪くないのでしょうか?

健康な歯質を削ることに抵抗がある方も多いと思います。
確かに削らないに越したことはないのかもしませんが、エナメル質の削除量をきちんとコントロールすれば、虫歯や歯質の破切などのリスクは殆どなく、また、削ることによる利点も多くあります。

歯のエナメル質を削って矯正治療をする5つの利点

  • 1) 今まで歯を抜いていたケースでも、抜歯せずに治療できるケースが増えました。
  • 2) 一般に、歯を抜く治療を行うよりも治療期間を短縮できます。
  • 3) 矯正後の後戻り(再び歯並びがズレて悪くなること)しにくくなります。
  • 4) 歯と歯の間の隙間(ブラックトライアングル)を目立ちにくくできます。
  • 5) コンタクト面に軽度なカリエス(虫歯)があった場合、一緒に削除できます。

奥歯の位置を後ろに移動して、手前側にスペースを作る

顎の骨の余地が充分にある方は、奥歯の位置をさらに後ろに移動する手法があります。
歯を後ろに移動するための固定として、アンカーインプラントを使います。

奥歯の位置をさらに奥川に移動させる事で、出っ歯す治すこともできます。

Q アンカーインプラントとは何ですか?

アンカーインプラントとは、小さな金属のネジ状のものを、アゴの骨に打ち込むことにより、骨を固定源として奥歯を動かしやすくするものです。
皆さん初めは痛そうとか怖いとか思われるようですが、埋入時に部分麻酔を行うことで痛みなく治療ができます。その後も骨の内部には神経がないため、痛みはありません。
また、違和感も矯正の装置と同じ程度なので、1週間ほどで慣れられます。

ページトップへ

月~土(9:30~18:30) 日(9:30~16:30)

診療時間

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-5-6 KBYビル2F

百人いたら、百通りの治療法があるのが、矯正歯科。あなたにピッタリの診断を受けてみませんか?

東京駅から三橋矯正デンタルオフィスまでのアクセスマップ

目的別診療紹介

Sitemap

COPYRIGHT © Mihashi Kyosei Dental Office ALL RIGHTS RESERVED.